ドライスーツでダイビング(ドライスーツとウエットスーツの選択)

こんにちは!ココモの唐土です。

「素敵な海中を快適に楽しみたい」本当に実現するには断然ドライスーツ!

テレビやパンフレットの印象で「ダイビング = ウエットスーツ」は…現実離れしすぎです。(実際だと思ってる人は多いですが…)

素敵な海中を楽しむには!

ご存知の方は・・・石垣や沖縄でも(夏日以外は)

Tシャツ×短パンにドライスーツが快適

  • 着替え不要
  • 快適
  • 楽々

現実のやりとり

私が沖縄に講習の依頼を受けてドライで行ったとき・・・

ウエットダイバーの第一声「えーーーっ!ドライなんですかー?私達は機動性優先でウエットです!」

「うん。すぐ分かるよ。どっちの方が機動性が高いか。」

結果・・・ビーチでも、ボートでも・・・

  • 着替えを待つのはドライの私
  • 先に入水して待つのは
  • 講習が長くなり震えるダイバーを元気づけるのは
  • 休憩で暖を取るダイバーにお茶や飴を出すのは
  • 終了後ウエット洗浄、着替、シャワーを待つのは
    (ドライではスーツごとシャワーを浴びて脱ぐと着替え要らず)
  • 更衣後暖まるのを待つのは

沖縄といえども冬にウエットでは

  • 唇の色を変え
  • 震える手で
  • 暖かい飲み物を求めます

ドライスーツダイバーはスーツを脱ぐと

  • Tシャツ
  • 短パン
  • ボート上で爽やかな風に吹かれ、冷えた沖縄の飲み物を楽む

海でのTPO

どういった時に使うか、どの様に使われているどう使うべきかをみてみましょう。

1)どういった時に使うのか

次の①と②の微妙な表現の違いを比較ください!

①ウエット・ダイバー

  • 「(例)10~3月はウエットでは寒いから潜らない」
    →実際は6月の海より10月の海の方が暖かい
  • 「ドライダイビングは難しい」
    →実際はOWD受講生が使用している

②ドライ・ダイバー

  • 「(6月くらいに)そろそろドライからウエットになる」
  • 「ウエットは水着に着替えるの面倒だなぁ…」

使用時期の認識に大きな開きがあります。(地元近畿の例)WETvsDRY

2)どの様に使われているか

ドライを使ってる人は、当然にウエットも使ってますが、ウエット派の人は、ウエット寄りの基準になりがちで、次のようにスーツ選びの判断基準(例)が異なります。

  • 使わない人 判断基準は「暑い」「寒い」
  • 使ってる人 判断基準は「快適性」「利便性」

3)どう使うべきか

OWD受講生が使ってるということを前提として)
「ドライの良さ」を得るには、「使用経験回数」「所有」に相関するとは限らず、「合理的な使い方の知識」「ドライのスキル」を得たか否かによります。

  • ドライの潜り方ウエットでは潜りにくい
  • ウエットの潜り方ドライでは潜りにくい
  • ドライとウエットが使える人快適で機動的

ドライスーツ関連ページ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

スポンサーリンク







シェアする

フォローする