姫路のココモプールで楽しい体験ダイビング開催しました




主に次のような方体験ダイビングにご参加されます。

  • まずは&すぐやってみたい
  • ダイビングができるか不安
  • 以前リゾートで上手くできなかったから
  • 今度リゾートで体験に参加するので練習に

ダイビングは「まずは海から」考えてしまう人が多いですね。

断然プールからが良いのですが、業界の「すぐに海でできる」というキャッチコピーで「ダイビングと言えば海」とうイメージを植え付けられている方にお会いします。

海水浴も良いけど温水プールで水泳が楽しいように

ランニングも良いけど天候時間帯に影響されずスポーツクラブのマシンランが快適なように…

現実はプールダイビングは楽しいのですが、業界のイメージにかき消されています

ここでまだ信じない方がおられますか?

少なくとも今回は信じない方が間違いです。

以前、南国の海で苦痛だった体験ダイビングのご経験から、ダイビングを諦める確認に今回プールのダイビングに参加されたところ、「楽しい~!!!」素敵な笑顔で満喫され、次回もプールダイビングに申し込まれました

ライセンス取得にもご興味を持たれています。これが現実です

現状、ほとんどのスクールにはプールが無いので、ダイビング=海かの様に表現するしかないんです。

ココモも以前はプールがなかったので気持ちは分かります必要性を感じ整備しました(兵庫県で自社プールはココモのみ、伝わってますか?ココモの本気度!)

もし、全てのスクールにプールがあったら、

自動車教習の所内練習の様に、誰もが今よりプール練習の意義を唱えるでしょう。

しかし、現在と異なるのはプール練習の意義自体ではなくプールの普及率だけです。

もし、全てのスクールに

賢明な方は気づいています

自動車免許を持ってない人が、初めて車を運転するには自動車教習所が最善だと。

「まずは路上で運転してみましょう。大丈夫ですよ。」

とはならないと。

一般道と教習所、どちらの方が、安全に短期間で上達するか.を考えれば明らかです。坂道発進、縦列駐車、車庫入れ、S字、クランク…

ダイビングも同様プールがベストだと。

ダイビングでの錯覚例

物の見え方、あなたはマニュアル通りだと信じてますか

大きさの恒常性とは?(認知心理学)
あなたはマニュアルを信じますか?海底でのバディ...本当に大きく見えてますか?バディがマニュアル通り大きく見えてたら...150cmの人が何と2mくらいに!多くの方はそんなことはないと言います。マニュアルは嘘?マニュアルは「物理現象」を書い

人は自分が信じているものが真実だと思うと言いますが、ダイビングも情報が少ない方はそうなってしまいがちです。

指導者側もプロとはいえ人である以上、ふとした情報に幾ばくかの影響は受けるものです。

歪んだ世界観に陥らないよう、常に大局的な視野に立つよう心掛けたいものです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア




シェアする

フォローする