保険は事後、救急法は今まさに!・・・どちらが優先する?




様々なシナリオ練習を実施します

様々なシナリオ練習を実施します

こんにちは!ココモの情熱インストラクター唐土です。

一日かけて救急法の講座を開催しました。

そういえば…プロ情報ページに救急法記事はまだだったので、そのうちコンテンツとして盛り込みます。

様々な角度から

救急法の価値として、隣人育成の必要性、バイスタンダー[1]bystander、救急現場に居合わせた人、発見者、同伴者等の重要性などが声高に言われてます。例えば、私が所属する日本体育協会の周知資料では・・・




ドリンカーの生存曲線

日本体育協会資料より

クリックで拡大(日本体育協会資料より)

呼吸停止から蘇生開始までの時間での蘇生率は・・・

  • 1分間 97%
  • 2分間 90%
  • 3分間 75%
  • 4分間 50%
  • 5分間 25%
  • 10分後ではほぼ0%。

カーラーの生命曲線

日本体育協会資料より

クリックで拡大(日本体育協会資料より)

心臓停止、呼吸停止、大量出血の経過時間と死亡率の目安をグラフ化したもの。

外傷による死亡の調査により、受傷から1時間以内に手術室に搬入された場合、救命できた可能性が高かったことから、この1時間をゴールデン・アワーと呼ぶこともあります。

要は・・・

早やきゃ早いほどいいってことで!

日赤救急法

以前、日本赤十字社の救急法指導員をしていましたが、ほとんどが土日に絡んだ講習会で仕事がら参加することができず更新を断念してしまいました…。

トータル2週間ほどに及ぶトレーニングや試験を経てなった指導員だったので、身に付いたことは今でもいかせてます。まぁそんなことはともかく価値ある映像をご紹介します。

肝心なのは・・・

こんな感じでいかがでしょうか?

こんな感じでいかがでしょうか?

救急法はどこで習っても、骨組みは同じです。

要は、意識と呼吸と循環、止血とショックと脊髄、脱臼、骨折、病気、怪我、そして搬送

受講後、こういったことが名称内容関連性スラスラ出てくることが身に付いている証しでしょう。

スラスラ出てこない方は・・・

やり直してください!(^-^;

レスキューダイバーには

間違い探し?ににんばおり?

間違い探し?ににんばおり?

ダイビングスクールで救急法を習得される方の多くは次の様なケースです。

など、理由は様々です。上記のことはお金で解決(受講)できます・・・との表現を生理的に拒む方もおられますが、医療保険生命保険に数十万円、数百万円払われてるとすれば・・・そういうことです。

何もできずに見送るより遥かに良いです!

何より・・・ココモで受講いただくと

楽しく、タメになり、身に付きます。いざというとき安く済みます

アポロ11号?!

アポロ11号?!

アポロ12号?

アポロ12号?

セサミストリートでしたっけ?

セサミストリートでしたっけ?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

注釈   [ + ]

1. bystander、救急現場に居合わせた人、発見者、同伴者等




シェアする

フォローする