わくわく!どきどき!初ドライ(^O^☆♪(付録つき)




ドライスーツをこの時期に?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA今から準備してると、ちょーど良いんですよー!(^^)!

お仕事合間?半ドン?…隙間時間を使ってココモプールで練習を終わらせて!

あ・と・は!

お休みの日に”海で楽しむ”だけ!

プールでのドライメニュー

P8253995これで快適 ドライスーツが初めて(または慣れてない)ダイバーは、海でのダイビング前に、使い方セッションを行なうことになっています。

  • 慣れ × スキルアップ × トラブル防止

練習項目

  1. 正しい&楽な脱着方法
  2. フル器材を装着の浮力チェック
  3. ドライでの中性浮力テクニック
  4. 足部等エアー&浮力コントロール
  5. 給気バルブのホース脱着
  6. 適正な浮力と速度での潜降と浮上
  7. スクーバユニットとウエイトシステム脱着

得意が増えると、楽しさも増える!(あ、ここから付録…)

OLYMPUS DIGITAL CAMERAインストラクターの発言には影響力がそこそこあります。

その影響を受けて不合理なイメージを植え付けられてるダイバーをよく見かけます。

お気をつけあそばせ(^_-)-☆

そうそう…例えば…( ̄д ̄)ノ

(某インストラクター)

ドライスーツはタイソウだから、寒いときは6.5mm厚で作ったウエットスーツのツーピースとフードベストがお勧めです。

はーっ?意味わかりません…( ̄д ̄)ノ

ツーピース部分インナーとで・・・16mmの厚さ!

1cmと6mm!…定規で見るとビックリするぶ厚さ(゚Д゚;)

ドライなら3.5mmと快適なインナーで十分です。

  1. ドライは…着るのも楽々、1分。(ウエットは何分かかることか???)
  2. ドライは…濡れずに快適[1]サイズが合ってれば!でも、それはウエットの寒さも同じでしょ。。(ウエットが温かい???…何とどう比べて?)
  3. ドライは…機動性抜群!(いつもウエットの人を待ってます。)
    • もー良いところ多すぎて書ききれません!

ドライスーツが難しい?

それ、ちゃんと習ってない人でしょ。

てか指導者さん、ちゃんと教えてないからでしょ。一般ダイバーさん信じまっせ!

  • 自転車の方が小回りきくから…車は乗らない?
  • 黒電話より機能の多いスマホ…複雑だから使わない?
  • ドライバーより速い電気ドリル…危ないから使わない?

ちょっと!ドライを知らないインストラクターさん、ちゃんと勉強するか、よく知らないことはテキトーなことしゃべらないでください!

公平な比較をせず、自分の好みを一般論のごとく話すべからず!

これらひと通りを踏まえて、それでもなおロクハン・ツーピースとフードベストが本当に「好み」である人は別ですが…( ̄д ̄)ノ

あ、ちょっと久々に(?)毒吐いてみましたが…

一般ダイバーさんの為に。

上品でなくてすんません…で、何か?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア

注釈   [ + ]

1. サイズが合ってれば!でも、それはウエットの寒さも同じでしょ。




シェアする

フォローする