2019→2020の元旦、初日の出は串本の橋杭岩からの2ボートダイビング

串本橋杭岩での初日の出2020

1500万年前の火成活動で、泥岩層の間に流紋岩が貫入したもので、貫入後に差別侵食により、柔らかい泥岩部が速く侵食され、硬い石英斑岩が杭状に残された。

南紀串本・橋杭岩からの初日の出

弘法大師が天の邪鬼と串本から沖合いの島まで橋をかけることが出来るか否かの賭けを行った。

弘法大師が橋の杭をほとんど作り終えたところで天の邪鬼はこのままでは賭けに負けてしまうと思い、ニワトリの鳴きまねをして弘法大師にもう朝が来たと勘違いさせた。

弘法大師は諦めて作りかけでその場を去った。

そのため橋の杭のみが残ったという。

潮崎本之宮神社での初詣

住崎(スミサキ)、備前で

大晦日の周参見:オルハエ、ノアフロントビーチ(水中ポスト)からの、

元旦は2ボートダイビングで初潜り

  • 黄色いかわいい笑顔のジョーフィッシュ
  • 優雅なハンターのテングダイ
  • ライトを当てると驚くくらい鮮やかなアザハタ
  • 岩の上にみんなで整列するホウライヒメジ
  • なんでか100匹以上大集合のミギマキ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア
LINEで送る




シェアする

フォローする