田辺オオカワリギンチャク、マルチレベル、カエルアンコウ




海底40mへ行ってきまーす!と、ノンダイバーに話すと大抵の場合とても驚かれ、「圧力が痛い?」とか「まっくら?」とか聞かれます。こちらがビックリします。

  • 圧力は確かにスゴイです!…でも…感じません…(*’▽’)

あなたの掌はどれくらいの大きさですか?仮に10cm x 10cmとすると計算はとっても簡単。海で10m潜ると1気圧(約1kg/cm2)という圧力がかかるので、40mでは陸上プラス4気圧。つまり10x10x4=400kg!そうです!掌くらいで400kgもの水の力(重さ)がかかります!

私(TARO)の体表面積が計算では17,000cm2くらいですから、体全体で68トン!(68,000kg)…でも…感じません!何故なら、昔(確か)学校で習った「パスカルの原理」の通り、その力は打ち消されてしまうからですね。

小難しく書きましたが、そもそも地上でも大気圧(1気圧)によって1.7トンもの力(空気の重さ)がかかっていながら、それを僅かに感じる(?)ことができた気がするのは古傷が痛む雨の日くらいではないでしょうか?(≧▽≦)

  • (一部の)光は届かなくとも…ストロボなしで写真が撮れます…(^^ゞ

これは近い内容を以前書きましたので: 【水中の色】http://cocomo.jp/color/

圧力と変化の学科雰囲気: 【水中での圧力】https://youtu.be/CIT9mqrDqPc?t=43s

いざ行かん!神秘の海底40mへ!

いざ行かん!神秘の海底40mへ!

なかなか逞しいオオカワリギンチャク

なかなか逞しいオオカワリギンチャク

カッコイイエントリー

カッコイイエントリー

地形もなかなか!

地形もなかなか!

地形もなかなか!

地形もなかなか!

カエルアンコウに群がるダイバーの絵(*^^*)

カエルアンコウに群がるダイバーの絵(*^^*)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LinkedIn にシェア




シェアする

フォローする